スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

title:冷厳

こんにちは、奥田一生です。
11月はじめまでは更新ペースはこの調子になりそうです。
さて前回の更新と同じく冷厳の今回はカラーになります。

■冷厳


zenntai.jpg
kao_201510140105034b8.jpg

このシリーズは以前更新した蠢動荘厳と同じシリーズでかなり細部までモチーフを描き込んでいます。
特に荘厳とはついになる作品となっております。
神話や伝承、イイツタエ等から物語や、価値観をお借りして製作している作品です。
この作品は簡単にお話しすると、自然と人間との関係を表そうとしております
前回の荘厳では共存でしたが
その反面今回の作品は人と自然が相入れないことをテーマにしております。
kao2.jpg
mehukin.jpg
人はよく自然ではないや、人の作ったものは自然には帰らないとも言われ世界における人のあり方は
常に考えられてきたものだと思います。
kaeru_20151014010733433.jpg
感情的に理解できないものであるからこそ神格化するものではあるのですが、
結果私たちは畏怖したり恐怖したりしているのではないでしょうか。
mehukin.jpg

この絵のモチーフヘラジカはその象徴で、ある民族の伝承で森の王様であると
考えられているそうです、前回のバッファローと似てはいますが
実際ヘラジカと車でぶつかって事故を起こしたり、大きな姿は畏怖の対象のようです。
私たちには理解できないことをタイトルに「冷厳」としており。
そういったことをテーマに製作をしております。
sitahannbunn.jpg
kouzyou_20151014010736fac.jpg
また前回の共存をテーマにしたものとは違い、人の建物も住む場所ではなく自分たちの領土やエネルギーを欲する
要求の場所を製作している姿を描いております。
ue.jpg
tunoue.jpg
そして妖精を私は描くことが多いです。
妖精は私の中では自然と人とをつなぐ存在だと思っています。自分が自然の中であそぶのであれば、、
そんなことを考えながら登場しております。
この絵はパソコンを通じてではなく、目の前で色々なものを探してもらうために描いた作品なので
なかなか画像では見えてこないかもしれませんが、もしご機会があればぜひ手元で見てもらいたいです。

本日の記事はここまでです。
また次回の更新見ていただけたら幸いです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。